KIKUCHI
FARM菊地農場について

ABOUTここに産まれてよかった

当農場は200ヘクタールの農地と550頭の牛を飼育しております。

私たちは牛を家族のように可愛がり、「ここに生まれてよかった」と思ってもらえるように飼育することを考えております。

牛はとても繊細で臆病で、普段と違うことが起きるとストレスを感じたりします。

そのため搾乳や給餌の時間を厳密に決め、牛が快適に毎日同じペースで過ごせるよう 尽力しています。

また毎月ミーティングを開き、コンサルタントの獣医師と協力して課題や目標を 設定しています。

農場がよりよい方向に向かっていけるよう、社員全員一丸となって取り組んでおります。

YUBETSU 湧別町について

菊地農場は自然環境に恵まれたサロマ湖に隣接する湧別町芭露(ばろう)地区にあります。湧別町は酪農と漁業が盛んで、おいしい野菜や海鮮といった食に恵まれた地域です。

COMPANY 会社の紹介・ご案内

経営理念PHILOSOPHY

arrow_drop_down
1
消費者に安全安心な生乳を届ける
2
従業員と、その家族の生活を守る
3
全てに思いやりの心を持って接する
4
他者との共存・共栄を図る
5
地域の農業・農村の発展に貢献する

会社概要PROFILE

arrow_drop_down
企業名
有限会社菊地農場(代表取締役:菊地厚)
所在地
〒093-0731
北海道紋別郡湧別町芭露115番地の4
TEL
01586-6-2447
FAX
01586-6-2041
設立
2005年(創業1949年)
業種
酪農業(経産牛 約360頭)
従業員数
12名(うち女性1名)
飼養頭数
550頭(搾乳牛360頭、育成牛190頭)
牛舎
4棟(つなぎ牛舎、フリーストール牛舎)
MAPkeyboard_arrow_right

会社の特徴FEATURE

arrow_drop_down
1TMR(混合飼料)センターの利用
TMRセンターのアグリサポートばろう(初代代表取締役:菊地厚)から圧縮梱包されたTMRが配送されます。このTMRは搾乳用で2種類、育成や乾乳といった牛の状態に応じて数種類あります。
2大型酪農経営の展開
平成20年にフリーストール(成牛舎)、ミルキングパーラー(搾乳舎)、フリーバーン(育成牛舎)を建設しました。つなぎ牛舎と合わせ、成牛360頭、育成牛190頭を飼養しています。
3従業員教育の重視
牛の専門家である獣医師と勉強会を開き、牛や搾乳などの知識を深めるようにしています。
どのようなことが牛のためになるかをしっかり理解し、実践することが一番大切なのです。
4繁殖と自家治療
一般的に繁殖と授精は、専門家である授精師や獣医師に委託するケースが大半です。
当農場では自家受精に注力し、これより高い受胎率・妊娠率を維持しています。
また難易度の高い受精卵移植においても実績があります。
自家治療では獣医師の指導の下、予防に重点を置いた自家治療などを行っています。
これにより病気を未然に防ぎ、治療が必要になった場合も迅速に対応できます。
5会社内の親睦
懇親会を定期的に行っており、年齢や上下の垣根を越えて親睦を深めています。
夏は会社の倉庫でBBQを開催しており、スタッフからも好評です。
新鮮でおいしい肉・ホタテ・エビなどを楽しめます。
6福利の充実をめざして
昨年中古住宅を購入。今年度は新たに単身者用アパートを建設、月の休日数を5日に増やし、働きやすい環境の充実を目指しています。

CONTATCT 採用応募
お問い合わせ

有限会社 菊地農場
〒093-0731
北海道紋別郡湧別町芭露115番地の4